栄養補助食品を使うといい人というのは、どんな環境で生活をしている人なのでしょうか。頻繁に外で食べている人は、栄養補助食品を使うといいでしょう。多くの場合、家の外で食べる献立は油脂や炭水化物の含有量が多く、それ以外の栄養が足りないことが多いようです。元々摂取量が少ないとされるビタミンやミネラルを外食時に摂ることはほとんど期待できません。栄養補助食品は、自炊の料理を食べていない人に向いています。栄養補助食品を使った方がいい人は、コンビニやファーストフード店をよく利用する人も該当します。コンビニ弁当も、ファーストフードのメニューも、野菜や果物が不足しがちです。弁当や外食をしていると、油ものや肉を使った料理を食べる頻度が増えて、栄養の偏りが出がちです。また、レトルト食品や加工食品は、含まれている栄養価がどうしても少なくなりがちです。また、食事を減らしてダイエットに取り組んでいると、健康を維持するための栄養が足りなくなって、体調を悪くすることもがあります。カロリーを減らすために、カロリー量の少ない食材しか使わないという人もいます。ビタミンやミネラル、そして人によってはたんぱく質などもかなり不足してしまうので、積極的に栄養補助食品をとったほうが良いと言えます。たんぱく質は食べると太ると思われがちですが、代謝を上げるためには必要な栄養素です。たんぱく質が足りなくなると筋肉が減って、脂肪を燃焼させづらくなってしまうからです。ダイエットのために食事制限をしていたり、外食やレトルト食品への依存度が高いという人は、栄養補助食品で栄養不足を補っていくことが体のためには必要です。